本文へジャンプ




新 建 材

2-074-2

木材のプロとして、無垢材と新建材を最適に組み合わせた提案で、
デザイン性向上や建築コストダウンに貢献するために。
また、建築現場・施主様の家造りを総合的に、
効率よくサポートするために。
マルチでは各種新建材も取り扱っています。


■新建材とは

マルチでは、
無垢材以外の建材を新建材と呼んでいます。
主なものは次の通りです。

★木質系


●集成材…

複数の木を工業的に接合したもの。
主に柱や梁に使われます。


●突き板…

芯の部分に無垢や木材チップの圧縮材、合板などを使いながら、表面に薄い無垢材を貼り合わせたもの。無垢材に近い質感を得られます。

●合板…

ベニヤなど板状の木を何重にも貼り合わせたもの。

●プリント合板…

合板の表面に木目調などの印刷をした塩ビシート類を貼ったもの。





★鉱石・窯業系


●タイル  ●大理石  ●プラスターボード(石膏ボードなど)
●サイディング(外壁材)●スレート など







★鋼板系

●サッシなどアルミニウム建材
●エクステリアなどのステンレス材
●外壁ガルバニウム鋼板など。


       



4-069-2 2-010




2-078 2-159 4-066


■新建材のメリット


技術・デザインの進化により、じつに多様な建材が出回るようになりました。そのメリットには次のようなことがあげられます。
●各メーカーや素材によって、デザインが圧倒的に豊富。
●先進的なデザイン・機能の提案があること。
●大量の工業生産により低コストであること。
●手入れ・メンテナンスが簡単。


木材(無垢材)自体は、じつは決して高価ではありません。しかしデザイントーンが限られる木は、加工などでご希望のデザインを実現するような場合、どうしても割高になってしまいます。また、木材はオイルやワックスなどメンテナンスを要する場合がありますが、新建材の多くは、拭き掃除程度のメンテナンスフリー。現代の家造りにおいては、たとえ無垢材中心であっても、必要に応じて新建材を使うことも有効な方法です。

       



2-076 3-037

■マルチは、適材適所でご提案


ここは無垢材がいいが、こっちは新建材が適している。この無垢材と新建材を組み合わせるとコーディネートが美しい……。このように木材のプロだからこそ無垢材と新建材を適材適所で生かす提案ができます。 また、建材を総合的にご提供することで、工務店さん大工さんの負担を軽減し、家造りに専念していただくこともできます。そうした観点から、マルチでは下のブロックでご紹介するような各種新建材を取り扱っています。






       


2-020-1 2-060


■新建材のラインアップ

屋根材 各種和瓦 洋瓦 コロニアル他
外壁材 サイディング タイル ガルバニウム鋼板  木質系材 他
天井材 化粧合板  吸音・防音材  他
床材
各種フローリング材 タイル 大理石  コルク材 他
壁材
化粧合板  他
建具材 突き板  プリント合板  他
窓枠材 化粧合板  プリント合板  MDF 他
下地材 ベニヤ  ラーチ合板 プラスターボード ケイカル板  断熱材



■代表的な建材商社各社とのネットワークで、
  各建材メーカーの製品をご用意。


日本の主要総合建材商社3社とネットワークにより、国内ほぼすべての建材メーカーから製品調達が可能。工務店さんや施主様のご要望に対し、的確・スピーディにお応えできます。また、最新の住宅情報・建材情報を随時入手し、ご提供することができます。

       



2-139 4-084



   

最上部へ